テーマ:文房具

ショッピングの神様

買うかどうか迷った末、 また今度と諦めた後、 やっぱり欲しくなって買いに行ったら、 もう無くなってて、2度と手に入らなくなることって 時々ある。 ショッピングの神様に見放された瞬間。 お気に入りのシャープペンがあるのですが、 先日壊れてしまって。 もう10年以上まえ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

リペア

オークションサイトで、 たまたま見つけた逸品(?)。 WATERMANのペンシル。 今は絶版となっているモデルなのだとか。 この緑色に ひとめ惚れして購入したのですが、 届いて、さっそく使ってみたところ、 ノックをしても ペン先の金具の部分が、ちょびっとしか出ない。 [before] まあ、使ううちに…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

手書きのお手本

書道教室で先生をしている方に 話を聞く機会がありました。 ぼくよりちょっと若い奥様なのだけど 毛筆だろうが、ボールペンだろうが、 どんな筆記具を使っても、さすがにきれいな字を書く。 そこで、コツを聞いてみると パターンを身につけること、らしい。 漢字の場合、数は多くけど、 かんむりとか、へんとかのパターンがあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さな万年筆

百貨店の文具売り場を 横切ろうとしたとき、 ふっと視界に入ってきました。 パイロット 「ペチットワン」 手のひらサイズの小さな万年筆。 (※メーカーのHPによると、万年筆のような"サインペン"らしい) いろんな色もあって、かわいい。 書き味も細字でイイ感じ。 手帳に挟んでもいいし、マーカーとしても使える。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Blue

"青" が好きなので、 とくに集めているわけではないのに いつのまにか、身の周りは、"青" ばかりになります。 服、時計、メガネ、万年筆に、そのインクも・・・ なんて考えごとをしながら、今朝、ピアッツァを運転していたら バンパーを壁にこすってしまい、ザーっと傷を入れてしまいました。 顔 真っ青、気分もブルー。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

色彩雫

パイロットのボトルインク「色彩雫」を はじめて買ってみました。 明るい青が欲しくて、 "紺碧" か "露草" か、さんざん悩んだあげく、 より明るそうな、露草を選びました。 ためしてみると、 おなじパイロットのブルーブラックを、ちょっと明るくした感じで good。 あと、 同じこのお店にあった、万年筆用のイン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ターコイズブルーの誘惑

雑誌 「趣味の文具箱」 に、 ターコイズブルーのインクで書かれた文字が載っていた。 水色のようで、空色のようで、ほんのり緑がかっている。 その手書きの文字が美しかったこともあり そのターコイズにひとめぼれ。 さっそく、ペリカンのターコイズを買ってきました。 ちょっと、雑誌で見た印象とは違うけど、きれい。 こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モンブラン

今年の誕生日に、ペンケースをいただいた。 それがなんと、モンブランの本革製。 中に入れるはずの万年筆は それに見合うような高価なものは所有しておらず・・・ それでも、せっかくだからと 3本を収納してみました。 その3本。 それぞれのペン先の太さと、インクの色を使いたかったので インクを吸わせていたのですが、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

アオイガラスペン

葵(あおい)文具の「アオイガラスペン」。(写真手前) いまとなっては珍しい、インクをつけながら書く"つけペン"です。 このメーカーも、いまは存在しておらず 絶版品だそうです。 書いてみると、カリカリした感じで、シャープな書き味。 ただ、手造りなのかな・・・ 当たりはずれがあるようで、ちょっとペン先にひっかかりがあり…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日本の情景色

色彩雫(いろしずく)。 パイロットの高級ボトルインクです。 朝顔、紫陽花、月夜、松露、山葡萄・・・ 日本のメーカーらしく、色にも美しい名前が付けられています。 そして、注目すべきはそのボトルデザイン。 まるで、香水でも入っているかのような美しいシルエット。 そのまま飾っておくだけでも おしゃれ。 書斎の机にさり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インクを考える

仕事用として使い始めた赤インクの万年筆。 使うときは、ちょっとウキウキ気分なのですが、 書いた翌日でも、その紙に触れると指にインクがついたり へたをすればシャツの袖にもつきそうになることが発覚。 調べてみると、万年筆のインクにも 変色しにくい耐光性や にじみの少ない耐水性とか、いろんな特性があるらしい。 なにせ使っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オトナの買い物

安い万年筆を探したら・・・ ありました、ありました。 ラミーのサファリ(スケルトン) 2,000円台で買えました。 それにあわせて、パイロットのボトルインク(赤)。 以前は、何を買ったらいいのかわからず、 店員さんにアドバイスしてもらいながら チョイスしていたのですが、 いまでは、 「パイロットのボトルインクあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発見-万年筆の使いみち

とにかく"万年筆を使う"ことが好きなのですが、 普段はその機会があまりありません。 仕事で書きものをするときは、 どうしても訂正することが多いし、 インクだと、乾く前に触ってしまって びやーっと汚くなってしまうので やっぱり鉛筆書きのほうが便利。 そこで、「趣味の文具箱」を読んでいたら 目からウロコの記事を発見。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

銀座の小さな文具店

「ボールペンとえんぴつのこと―銀座の小さな文具店」 宇井野 京子 著 まだ 少ししか読んでいませんが、 文房具に関する専門的なことや マニアックなことには 一切触れずに ただただ、文房具が好きで、 それに関する思い出や エピソードを 短編エッセイとして 書かれたもので、 表現や 例えが おもしろいです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

えんぴつの香り

小学校3年生の時-。 担任の先生いわく、 「最近の子供は 手先が不器用で、機械がなければ 鉛筆も削れない。 これからは ナイフで削りましょう。」 ということになった。 それから クラスの全員が 学校近くの文具屋で、ひとつ20円のナイフを買い えんぴつの芯が折れたり、すり減るたびに しこしこ削った。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未来と将来、現実と夢

将来、歳をとったら 文房具店を 開いてみたい。 ちょっとした喫茶店のような 一人掛けのテーブルと 椅子をいくつか並べて その場で 書きものもできるような。 珈琲なんかも 出せたらいい。 きっと儲からないだろうけど。 ボールペンとえんぴつのこと―銀座の小さな文具店木楽舎 宇井野 京子 ユーザレビュー:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

万年筆 洗浄機

店員のおねえさんに インクの替え方を 教えてもらったので 新しいのを ひとつ買いました。 ペリカン ボトルインク Violet(紫) \580 どんな風合いの紫色か、たのしみ。 ところで、 インクの替え方を調べていたところ、 「超音波洗浄機」 なるものを発見。 万年筆だけでなく、メガネや貴金属、ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シルバーアクセ

文房具の本をめくっていたら、 こんなのを発見しました。 「TOOLS」 小道具や文房具を シルバーアクセ の ペンダント にしたもの。 万年筆もある。 http://www.2pcs.jp/syohin5-d-too-isp10.html 欲しい。 でも、ちょっと高いな なんて悩んでいたら それ以前に、もう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美しいものには弱い

太字の万年筆を 試してみたくて 新しいのを買いました。 安いので済ませるつもりだったのですが、 このまえ買ったウォーターマンのシャープペンシルと 同じ青色のきれいな万年筆が ショーケースの中から誘惑してきた。 うーん、と悩んでいると 「 (ケースから、) お出ししてみましょうか♪」 と、かわいい店員さん。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心機一転

きょうから気分一新。 おニューのシャープペンシル。 ちょっとしたメモ書きするのも新鮮です。 ちょーきもちいい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひとめぼれ

つい2,3日前、 まだ使い続けると決めたシャープペンシル。 よく見てみると、 キズで色が剥がれている。 やっぱり寿命かな。 きょう、別件で立ち寄ったヨドバシカメラにて ふらっと 文房具売り場へ。 メタリックブルーのウォーターマンに ひとめぼれ。 しばし、ガラスケースの前で にらめっこしましたが、 ・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モノの味わい

長年使っているシャープペンシル。 紺色のパーカー製で、 デザインがとても気に入ってるのですが、 芯の出し入れが "回転式"-。 キャップの部分を ひねるように回して 芯を出し入れするのですが、 これを片手でやるのは難しく、いつも両手を使う。 片手でカチカチできる、ふつうの"ノック式"がいいなあ、 なん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まんねんひつが、びえーっ

はじめて万年筆を買ったのは 小学校・・・5,6年生のころ。 水色のプラスチック製で600円でした。 たしか、誰かが持っているのを見て欲しくなり 小遣いをためて買ったのだと思います。 でも、使ってみると 子供であるせいか?ちからの加減ができず、 インクが、どぼーぉっと出たり、 乾く前に紙をさわってしまい、びえーっと汚れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

万年筆、美しい♪

贈り物のために、筆記用具売り場へ行きました。 万年筆やボールペン、シャープペンシル・・・ 美しいデザインに見とれるあまり、 ガラスケースに顔をくっつけすぎたり、 何度も売り場をぐるぐるまわって 店員さんに怪訝そうに見られてしまいました。 そのじつ、字を書く機会は めったになく、高級な筆記用具は 不要ではあるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

万年筆

万年筆が欲しくて 文具売り場へ行きました。 ボールペン、ペンシル類は多いのですが、 万年筆自体が売れないのでしょうか、あまり品数がありませんでした。 で、 ちょっとしたブランド物になると、ン万円・・・ そ、そんな大した字を書くでもなく、もうちょっとお手軽なやつを・・・ しかも替えインクのことも考えないといけないな・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more