テーマ:映画・DVD

宿命の再戦

ちょうど一年ぶり。 http://toui.at.webry.info/201610/article_1.html 再び対戦することになった。 舞台は同じく市民卓球大会。 昨年はB級の決勝戦でしたが、今年はランクを上げてA級の これまた(敗者復活トーナメントながら、)決勝戦。 相手は小学6年生になった…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画の日

レディースデイや、 ある年齢以上のご夫妻、 高校生3人以上など、 いくつかサービスがあるようですが、 いつも忘れがちなのが、 毎月1日の「映画の日」。 今月は運よく土曜日で、そして 運よく、その日を思い出しました。 いつも夜のレイトショーなので、 昼間に観るのはひさしぶりです。 1000円で観たのは、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

キリン先生

「紙兎ロペ」に出てくるキリン先生。 これまで、一度もその顔を見せたことがありません。 いつもこんな感じ。 リアル「キリン先生」? アキラ先輩からは、こう見えているんでしょうか。 ともあれ、 DVDの発売がたのしみです。 ^^…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「幸せの教室」

金曜の夜、 レイトショーの映画を観に行きました。 料金も お得なレイトショー・・・ との思惑だったのですが、もっと大事なことを忘れていました。 チケット売り場で 「本日は映画の日で、1000円になります。」 なんてラッキー。 そして会場に入ると 観客は私と、ずいぶん離れた席に女性が一人だけ。 これも…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

ホノカアボーイ

風土によって、そこに住む人たちの人柄も変わる。 山、海、気候など、環境が人の心にあたえる影響は大きいと思います。 ハワイという常夏の島を舞台にした映画「ホノカアボーイ」 時間がゆっくりと流れ、あたたかく、さわやかな風が吹いています。 人と人のつながりも、あたたかく、 結びつきの強さゆえ、ときに切ない。 けっし…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

救いの神

凹んだ時、 がんばって 笑ってみると ふっとラクになることがあります。 "お笑い" に、感謝。 さあ、切りかえてゆこう。 アメトーークDVD1よしもとアール・アンド・シー 2009-03-25 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ *** * ** ** * **…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

数奇な人生

老人の身体で生まれ、 歳をとるごとに 若返ってゆく。 「ベンジャミン・バトン-数奇な人生」 を観ました。 3時間近い、長い映画でしたが、 その時間のなかでは 足りないくらい いろんな思いや 考えがあふれました。 老いることへの恐怖、 若返ることで見える"人生"の本質。 心のなかに宿るもの。 身体に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ほんっとにいいものですね。

映画-。 あまり観るほうではないので、 たまに観たときの感想が 世間的に"正解"なのかどうかわかりません。 むしろ、 多数の人と違うことを感じることが多いので、 どうだった? と感想を聞かれても、 「う、うぅーん、まぁまぁやね。」 と答えに窮することがしばしば。 でも、 ここ最近観た いくつかの映画で ぼ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちゅらさんの憧憬

2001年に放送された、NHKの連続ドラマ「ちゅらさん」。 子供のころに結婚の約束をした相手を 一途に思い続ける女性が主人公で、 沖縄を主な舞台にした、 ちょっと切なくも、あたたかいストーリーでした。 印象的だったのは、”おばあ” のナレーションや、 多くの会話の中にあった沖縄の方言。 それがなんとも、やわらかく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空想力を越えて

"宇宙からの訪問者に人間はどう対処するのか!?" そんな SF映画 が好きです。 もちろん、ファンタジーなので、 "実際に、こんなことが 目の前で起きたら どうなるんだろう" なんて、いろんな空想を巡らせます。 そして、ストーリーがその空想を上回るとき、 「おぉ、そうきたか」 「そのテがあったか」 と映画の世界に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気がついたこと

スーツの上から モッズコートを・・・着てから気がついた。 「踊る大捜査線」 で 織田祐二サンが 着ていたのも モッズじゃないか。 「キターーーッ」 ・・・じゃなくて、 「失敗したーーッ」 本当は、”さらば青春の光” のイメージだったのに。 さらば青春の光 [DVD]ユニバーサル・ピク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 「爆裂都市 BURST CITY」

82年公開の作品。 映画の中で組まれたバンド 「バトルロッカーズ」 はかっこ良かった。 いまも時折、サントラ盤を聴きます。 (以下、敬称略) ボーカルの陣内孝則は、今のイメージと違って まるで刃物のようなシャープさ。 ギターの大江慎也は、あいかわらず 鳥肌が立つような緊迫感のあるオーラを漂わせている。 ほ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画 「スターウォーズ」

映画「スターウォーズ」の最新作を観ました。 うしろに座った、ポップコーンおじさんの ムシャムシャ音と やけに荒い鼻息に悩まされつつも、 映画館ならではの 大画面と音響を楽しめました。 今作は、 全編がCGアニメ (というのでしょうか?)で 制作されているのですが、すンごい迫力-。 公開中なのでストーリーは書…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画 「ハプニング」

映画 「ハプニング」 を観ました。 原因不明のまま、人が次々に自ら命を絶ってゆく、というもの。 パニックの中、原因を推測するところ、 植物が自分の身を守るために化学物質を放出し、 それが人間の神経を侵してしまうのでは ないか・・・という。 テーマは、”自然破壊” や ”地球温暖化” なのか と思いきや、そこまでは言…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ココロのコリ

いやなことがあったり、 心配ごとがあったり、 虫の居所が悪いとき・・・・ ムリをしてでも笑ってみれば、 心の凝りが ほぐれる気がします。 週のはじめ、 月曜深夜の 「モヤモヤさまぁ~ず」 (テレビ東京系)。 まったり、のんびりした脱力系の お散歩番組で ”モヤモヤ”した気分をまぎらせて眠ることができます。 ちな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「モヤモヤさまぁーず」の見た東京

東京の街で、 昔ながらの、マイナーな、いわゆるモヤモヤしたスポットを ぶらぶらと散歩する深夜番組 「モヤモヤさまぁーず」。 東京にも 裏通りがあったり、昔の駄菓子屋っぽいお店が あるんだな、とか 近所のあの通りに似てるな、なんて イメージがふくらんでたのしい。 ちょっと”モヤモヤ”した一日の終わりには …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ふぞろいの林檎たち」

サザンオールスターズが活動休止というニュース・・・ サザンの曲で、思い出すのは ドラマ「ふぞろいの林檎たち」 パート1では大学生活が舞台。 パート2では就職したての若者たち。 パート3は仕事も覚え一人前になりつつある青年・・・ いづれも自分自身が投影しやすい世界で かなり感情移入しながら観てしまいます。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日曜の夜と「フランダースの犬」

日曜の夜は、わけもなく物悲しくなります。 そういえば、子供のころからそうでした。 日曜日は「フランダースの犬」が放映されていて、 夜、ふとんにもぐると それを思い出して泣いちゃったり、眠れなかったり。 まあ、この歳になると 物悲しくなる理由も 明日からまた仕事か・・・みたいな現実的な悲しみ(?) なのかも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 『クローバーフィールド』

しごと帰り、レイトショーで 『クローバーフィールド』を観ました。 ニューヨークが未知の何者かによって破壊される、というストーリー。 ぼくは映画に詳しくないので たまに観るとなんでも、おもしろい!と感じてしまうのですが、 この映画は、登場人物のひとりがハンディカメラを回しながら、 そのファインダ越しに見える映像として構成され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

82年 雨の野音と、08年の錆びたギター

The MODS 「FIGHT OR FLIGHT -Wasing」のDVD。 82年、雨の日比谷野音の映像を観ました。 この映像は、高校生のころ・・・当時はビデオテープが1万円以上もしたっけな、 そんなの買えっこないから、リッチな友達の家に集まって 試写会のようにして見た、それ以来だ。 あぁ、懐かしい・・・お、こんな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「爆裂都市」 バーストシティ

時間つぶしでCDショップをのぞいたところ 石井聰亙監督の作品集DVDをみつけた。 石井聰亙監督で思い出すのは学生のころ、映画館で 「爆裂都市」「狂い咲きサンダーロード」「逆噴射家族」の3本立てを観た。 いちばん印象に残ったのは 大江慎也、池畑潤二(Roosters)、陣内孝則(Rockers)が出演した 「爆裂都市」だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

THE MODS 「FIGHT OR FLIGHT -WASING」

Hakata Beat Clubのライブ(9日)開演前、 The Modsの「FIGHT OR FLIGHT -WASING」を買った。 81年の1stアルバムを新たに録音したもので、 当時の、黒く、そして鋭利に尖ったRockという感は ありませんでしたが、年輪を重ねた奥深さ、とでも言いましょうか ”大人が奏でるRock”…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やつらの足音のバラード

74~76年にテレビ放映されたアニメ「はじめ人間ギャートルズ」。 エンディング曲の「やつらの足音のバラード」は 子供心にもジーンとしみてきました。 なんにもない、なんにもない、まったくなんにもない 生まれた、生まれた、何が生まれた 星がひとつ、暗い宇宙に生まれた♪ ”はじめ人間”の時代、どんな時代だったのだろう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寝るまえに

寝るまえに、とりあえず、声を出して笑ったら スッキリ寝つける気がする。 ちょうどその時間帯、深夜のバラエティ番組などをみて 笑ってから。 きらきらアフロ in 武道館 2007 きらきらアフロ in 武道館 2007 [DVD]
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仮面ライダー VS ウルトラマン

ぼくは、仮面ライダーでは1号、2号、V3。 ウルトラマンでは帰ってきたウルトラマン、エース、タロウの世代です。 で、 どちら派かといえば、迷わず仮面ライダー。 赤いマフラーをして高いところからキックを放つ、 ライダーごっこは毎日のようにやったが、 ウルトラマンごっこをやった記憶がない・・・ 幼時体験というのは脳裏に焼き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more