続・将来の名プレイヤー

ちょうど一年前。

こんなことを書いていた。


「近いうち、 手も足も出ないくらい、強くなるんだろうな。」

http://toui.at.webry.info/201509/article_1.html



画像



市内のクラブに所属する選手間でおこなわれる

市民卓球大会。

シングルス(B級)の決勝で対戦したのが、一年前に練習試合をした小学5年生の男の子。


「近いうち、」 が、

こんなに早く来るとは思わなかった。



ゲームカウント、2-3。



強くなったなあ、と感慨にふける暇に、失点を重ねてしまったのも事実ですが、

そこは自分のメンタルの弱さ。

真剣勝負で負けた悔しさもありますが、

小さな子が強くなってゆくのを身をもって感じるのは、

嬉しくもありました。



帰り際、

クラブのメンバーと忘年会の打ち合わせをしている時、

横にいた小さなチャンピオンが、

「ぼくも忘年会行きたい。」




「おいで。そのかわり、

酒をいっぱい飲ませてやるけん。」


それが、この日の精一杯の大人の意地?でした。






^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^
↓心の扉をノックしてくだされば嬉しいです♪
にほんブログ村 ポエムブログへ






この記事へのコメント

2016年10月18日 23:27
5年生の子供さん、1年間、一生懸命練習されたのでしょうね!
これからもずっと卓球を続けて、ますます強くなられて、、、
いつか本当にお酒を一緒に飲む機会があるかも~ですね。
(笑)

卓球大会、お疲れ様でした~。
私の娘も頑張ってます!
Can
2016年10月20日 00:27
とういさんのトコでも「〜けん」て言うんだ〜。
どうかコーラかオレンジジュースのノミホを付けてもらってくださいね、忘年会♪
とうい
2016年10月20日 22:32
cafeさま
あーー!、それいいですね。いまちょっと想像してみました。
いつか一緒に飲む機会。そんなときも、あっという間に訪れるのかも。
たのしみです。
卓球は年齢、性別の差があまりない競技なので、
娘さんともいつか対戦してみたいです。でもたしか、カットマンでしたよね。
・・・苦手だなあ。
とうい
2016年10月20日 22:48
Canさま
「けん」、言いますよー。「そんなことじゃ、いけんけん。」みたいな。

今いっしょに練習している子たちは、ぜひとも大人になるまで
続けてほしいと思います。これからいろんなことに興味も湧く年頃ですしね。
多少、横道にそれてもまた戻ってきてほしいです。
そして、はあ、いっしょに忘年会でもできるといいなあ。

・・・「はあ」の使い方がいまだにわかりません。

この記事へのトラックバック