かくしん

画像


せかされるような

ざわめく心

しぼられて

呼吸ができないような胸の痛み



そんなものは ない

うん、

たしかに ない



よかった

恋ではない







Copyright (C) toui. All Rights Reserved.
^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^
↓心の扉をノックしてくだされば嬉しいです♪
にほんブログ村 ポエムブログへ









この記事へのコメント

2016年08月03日 04:58
ホント、とういさんは心理の微妙なひだを描くのが上手ですね。

なるほど、女性はこう思うのですね。
でも、意地悪ジジイは、こう思います。
「フン、そこからもう恋は始まっているんじゃよ」。
秘かな好意こそ危ない方向に発展しがちなものです。どうですか?
とうい
2016年08月04日 16:19
ごろー。さま

自分の気持ちを偽っていることに納得しておきたい、
という気持ちは、裏を返せばもう平穏ではなくて、
もしも箍が外れたら、、という危険は内心どこかで察知して
いるのでしょうね。これは女性も同じなのですかね。
今度、昔の彼女にでもさらっと聞いてみます。
2016年08月06日 16:14
燃えるような恋は、呼吸ができないような胸の痛みを感じることがあるかもしれません、、、。
恋はそれでも良いと思いますが、、、。


結婚は無理、、、。
楽に呼吸できる人と一緒にいたいですね~♪
とうい
2016年08月07日 17:14
cafeさま

ああーーー、深く納得しました。
楽に呼吸できるほうがいい。
絶対いい。
Can
2016年08月13日 09:11
えぇ、たしかに。
呼吸ができないほどの痛みをともなった恋でした。
・・・・・おかしぃなぁ~・・・・・相手は同じ人なのに。

それが結婚でありましょうか(笑)
とうい
2016年08月14日 23:13
Canさま

痛みが安らぎに代わりえることを
おそらくどこかで感じることができるのでしょうね。
俗にいうところに、"見る目"というものかしら。

この記事へのトラックバック