てんとう虫飛んだ

画像

飛翔

飛躍

高く舞いあがるといい

そして

遠く飛んで行ってしまえ

ぼくは

そっちには行かないよ








Copyright (C) toui. All Rights Reserved.
^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^
↓心の扉をノックしてくだされば嬉しいです♪
にほんブログ村 ポエムブログへ




この記事へのコメント

2015年01月20日 23:19
とういさんの直線でズバリと切りこむ詩がアップされるのを楽しみにしている一人なのですが、またまた今回の詩は意外なところで落ち着きましたね。不思議な詩です。「飛翔」とか「飛躍」という言葉がまとっているものに対する批判?ありきたりの美辞麗句でくくられてたまるかという心情なんですかね?
2015年01月22日 08:36
テントウムシ、愛しいです。ピンブローチ持っています。ジャケットの襟元にチカチカと光って、可愛いです。天道虫、とも書かれますね。太陽の真っ赤なエネルギー、血潮を浴びてあんなに赤いのかな。 赤い風船がすうっと空に舞い上がって行く様子もどこかテントウムシのイメージがあります。
とうい
2015年01月23日 23:56
ごろーさま

ありがとうございます。
手の中のてんとう虫は、人さし指を昇って
飛び立とうとします。
そんなてんとう虫を両手で包むだけでは
いけませんものね。
とうい
2015年01月24日 00:02
ライブラさま

ほんと、風船のように音もなく
すーっと、ふっと、舞い上がりますね。
さよなら、ぐらいは言い残してるのかしら。

赤いてんとう虫のブローチは
何色のジャケットに合うでしょうか。
明るい色、暗い色、どちらにも映えるような気がします。