くやし泣き

欲しいものが手に入らないとき、

思い通りにならないとき、

くやしくて泣く。

小さい頃のこと。

かけっこに負けたり、将棋に負けたり、

くやしさを抑えきれなくなって、泣く。

小さい頃というには

もうあてはまらない、中学生のころ。

卓球の試合に負けて、くやしくて泣いたことさえ 一度ある。

画像

いま、

なんとかその頃の腕前に戻したいと

練習するけれど、

なかなか思い通りに身体が動かない。

足の爪は血がたまって変形し、

両膝は床に打ちつけて青アザだらけ、、、

それでも

あの頃の感覚が戻ってこない。


ただ、

くやしくて 泣きそうになる気持ちだけは

戻ってきたけれど。







^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^
↓心の扉をノックしてくだされば嬉しいです♪
にほんブログ村 ポエムブログへ



この記事へのコメント

2014年06月07日 08:31
えぇっっ!?
って、ちょっとびっくりしました。
血豆に爪の変形に…そんなに!?…って。
卓球は、膝と床は接触しないものかと
思っていました。

どうぞ通院に時間を費やす様な事態には、なりませんように。

悔しくて泣いてるとういさんも、ちょっとだけ見てみたいですけども…。
とうい
2014年06月07日 23:55
Canさま

そうなんですよ、爪って血がたまると
すぐ変形しちゃうんですよね。しかも、生え変わるまで
時間がかかるので、もう半年近くも、どす黒いまま。
これじゃ、ペディキュアも塗れないです。
・・・て、誰がですか。

>悔しくて泣いてるとういさんも、ちょっとだけ見てみたい

ちょ、どんだけSなんですか。

この記事へのトラックバック