両手で掬える分だけ

画像


ひとつ、またひとつ

去ってゆく

それは 新しい

出会いの前兆










Copyright (C) toui. All Rights Reserved.
^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^
↓心の扉をノックしてくだされば嬉しいです♪
にほんブログ村 ポエムブログへ






この記事へのコメント

2014年05月03日 08:07
透きとおった若葉が
隠れ家のような繁みをこしらえています
新芽が産毛のようにひかっています

それでもはらはらと舞う葉っぱ
空の等高線にさそわれたのでしょうか
とうい
2014年05月05日 22:40
七海さま

秋に赤い空へ舞って行った葉っぱが、
いま若葉となって生まれ変わったようです。
秋にさびしく、初夏にわくわくする気持ちは
葉っぱと呼応しているのかもしれない、と
いまふと思いました。
2014年05月06日 17:52
若楓のうすみどりが美しいです。 生命力溢れるこの写真に、明るい別れ、心踊る出会いを感じます♪
とうい
2014年05月07日 23:33
ライブラさま

ありがとうございます。
いまの季節、山を見ると、いろんな「緑」が
もくもくと芽吹いていますよね。
新しい季節です。
桜子
2014年05月08日 20:32
別れがあるから、そこに留まらず、
次の瑞々しい出会いが、やって来るんでしょう。
希望を感じさせてくれる春は、やっぱりいいですね。
とうい
2014年05月10日 14:52
桜子さま

桜が咲くまでは、なかなか季節が変わらない感じがするのですが、
桜が散ったあとは、みるみる青葉の季節に移り変わってゆく印象があります。
なにかが始まる-。そんな予感がする季節ですね。

この記事へのトラックバック