背景花

画像

赤では、ない。

ピンクは、もっとない。

オレンジも、ちょっと違う。


黄色だ。

黄色で、間違いない。


あのひとは、知っているかなあ。

自分の後ろに咲いている花。







Copyright (C) toui. All Rights Reserved.
^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^
↓心の扉をノックしてくだされば嬉しいです♪
にほんブログ村 ポエムブログへ





この記事へのコメント

2014年04月16日 19:28
背景花とは、ニクイ!
ことばがのびのびしてますもん。
花は知っているかなぁ~
うしろの空のほほえみを・・・。

わたしのうしろ? 背後霊のようにどでかいドライフラワーが!
とうい
2014年04月19日 00:46
七海さま

うわあ、ニクイですか。嬉しいです。
ありがとうございます。
誰かの後ろには花が、
そして花の後ろにはしゅわしゅわの空、ですね。

ドライフラワーは美しさが褪せることない不変の花ですよ、きっと。
2014年04月23日 08:51
私は黄色の花が大好きです。春はレンギョウ~連翅 や橘、身近ではチューリップがキレイ♪薔薇も黄色が好きです。 つい先日、娘が大宰府天満宮へお詣りしてきました。呼子では、烏賊の踊り食い が絶品だったそうです。お土産は明太子と、御菓子の博多通りもん 、何より嬉しかったのは家族一人一人へ天神さまの御守り♪
とうい
2014年04月23日 23:41
ライブラさま

黄色の花は鮮やかさと可憐さが同居しているようですね。
身近なところでは、最近、たんぽぽが目につきます。

そうですか!娘さんが福岡に。
呼子は「いかしゅうまい」もおいしいですよ。
ちなみに、「だざいふ」は
「太宰府」と「大宰府」の二通りの漢字があてられます。
私の個人的な説ですが、
住所や地名では「太宰府」、
歴史的な由来のある地名や史跡には「大宰府」と
使い分けられているような気がします。
地元の人でもどっちかわからなくなります。

この記事へのトラックバック