落ちない汚れ

画像

価値観というより 倫理観の違い

気づけ、と何度も捨て身でぶつけたけれど

身体と魂を入れ替えることは出来ないのだということに

近いあきらめが 溜息を濃くし続ける








Copyright (C) toui. All Rights Reserved.
^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^
↓心の扉をノックしてくだされば嬉しいです♪
にほんブログ村 ポエムブログへ





この記事へのコメント

2014年03月01日 20:32
素通りできない

天使の梯子を逆さにしたような写真の不思議?
捨て身でぶつかるときって期待も一緒に?

気になってます。
とうい
2014年03月02日 00:22
七海さま

聞いた話ですが、
思い悩んだり、不満を抱くのは
相手に対して期待をしていて、その期待どおりに
ならないからだ、と。
捨て身になるときは、当然期待も含めてすべてを
投げ打ってぶつかる、ぶつけるわけですが、
それで溜息が出るということは、やっぱり
どこかに"期待"が捨て切れていない部分があるのかもしれませんね。
とうい
2014年03月02日 00:26
七海さま(追伸)

"期待"という言葉を使わずに、
それを表現したかったのです。
読みとっていただけて、とても嬉しいです。
2014年03月02日 01:18
価値観<<倫理観
値打ちの感じ方は、たとえ違ってもそれを認める事もできそうなものだけど、
人の理りは…。
根っこの、そのまた芯は、違ってれば会話も成立しないかもしれません。

だけど。
とういさんに捨て身でぶつかって貰えるその方を、羨ましくさえ思いました。
とうい
2014年03月02日 22:43
Canさま

お互いに異なる部分があるからこそ惹かれたり、
違う部分を尊敬を含めて認め合うこともあるのだと
思いますが、半面、異なる部分をどうしてもお互いの尺度に
当てはめられない場合もあって、
あえてそこに触れずにやり過ごすことだって出来るのですけど、
それでいいのかと禅問答のような繰り返しもあって。
ぶつかってみたら、何かが変わるかもー。
それもおそらく"期待"なのでしょうね。

という、フィクションです。

この記事へのトラックバック