ランキンチャペル

画像

およびませんでした

ぼくでは

祈ることしか

できません


ぼくは 泣いていいから

あなたは 笑ってください


できることならば

クリスマス

ぼくの分も

ぜんぶ あげます







Copyright (C) toui. All Rights Reserved.
^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^
↓心の扉をノックしてくだされば嬉しいです♪
にほんブログ村 ポエムブログへ



この記事へのコメント

2012年12月22日 19:57
すこし早いですが、
Merry Christmas♪

この日ばかりはなんとなく、
みんなが幸せになれたらいいのに、なんて、
ふだんなら「ガラでもない」と消しちゃう気持ちも(おい)
素直に祈れそうな、そんな気持ちになりました。
とうい
2012年12月23日 00:57
クローバーさま

Merry Christmas ,クローバーさん。
1日だけでいいから、すべてを許して、
すべてがしあわせに。
そんな日があってもいいですよね。
そう願う心がクリスマス、って思います。
…許してほしいことはたくさんありますけど
2012年12月25日 01:54
「泣いていい」って、その気持ちは嬉しいけれど、
だけど、絶対に「それじゃダメ」って思う「あなた」だと思いますよ。

泣いていい人なんて、きっといない。

「私も精一杯笑うから、あなたも笑って。私の分まで」
2012年12月26日 15:58
愛ってなんだろう。

たとえどれだけ深く想っても
すべては過去の記憶となって
その断片を愛でるしかないような・・・・

このごろふっと、
手応えのない存在に変わらぬ愛を感じます。

とうい
2012年12月27日 23:34
Canさま

きっとそれでいいのだと思います。
「ぼく」は泣いてよくて、「あなた」は笑ってほしくて。
そう思ってくれる「あなた」にこそ、「ぼく」は惹かれる。
それも、それぞれの思いやりの形のひとつだったりして。
とうい
2012年12月27日 23:42
七海さま

もしかしたら、現在や、現在進行形では
感じることが出来ないものだったりするのかしら。
たしかに、かすかに、かすみをつかむように
手のひらの中に掴んだような、愛でるような、
そんなふうに感じることができるのは、すべて過去のもの
のような気がしてきました。
不思議な奥行きですね。

この記事へのトラックバック