日曜の夜に泣く

画像

夢のなかの話だから

あのひと からの

手紙だって 届く


差出人の欄は 

イニシャルだけって わかってる


封をあける 一歩手前で

月曜の 朝を迎える







Copyright (C) toui. All Rights Reserved.
^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^
↓心の扉をノックしてくだされば嬉しいです♪
にほんブログ村 ポエムブログへ




この記事へのコメント

2012年08月26日 17:40
そんな朝は、きっついエスプレッソをくいっと。
涙がにじんでも、それはエスプレッソのせいだもの。
(写真もなんだかエスプレッソ色)
って。
濃いエスプレッソが平気で飲めるなら、効かないですね。困ったな;
とうい
2012年08月26日 18:24
クローバーさま

エスプレッソ・・・ああ、それいいっ。
よさそうですね。
効くぅっーってくらい苦いやつとか。
酒好きな人は、こんなとき、苦い酒を欲したり
するのでしょうね。
子供の頃から、日曜の、ちょうどサザエさんが終わるころ、
なんだか悲しくなっていました。
2012年08月27日 06:44
コレが俗に言う 
”枕を濡らす”なんでしょうな。
むかしの人の遠回しの表現は美しい。
とうい
2012年08月27日 22:45
おーちゃんさま

子供の頃、日曜の夜に眠れずに、
眠れないことの焦りとか、
明日からのこととか、
たのしかった日曜のこととかを
思い出して、こっそり泣いたことを
思い出しました。
まさに、枕の上で。
2012年08月28日 05:47
○夢のなかの話だから
  あのひととも 会える
 夢のなかの話だから 
  顔の輪郭が ぼやけちゃいるが
  切れ長の眼 まさにその人
 夢のなかの話だけど
  リアリーなふっくらとした手
  その手を引き寄せ
  しなだれかかる その人を

・・・・馬鹿やってんじゃないよと
    目覚まし時計が
    邪魔をする

    あぁぁぁ  
2012年08月28日 22:15
夢は後一歩の
丁度見たいところで終わる。
だから夢なのか、
夢だからそれでいいのか?

夢だから、いいところで終わりたい。
せめて夢くらいはね。
とうい
2012年08月28日 22:28
お久のしげぽんさま

そんなときの目覚まし時計は
なんと冷酷で乱暴なことか。。。
せめて、
せめて、
やさしい声で起こされたら、
少しは、おなぐさめにもなるのでしょうけど。
とうい
2012年08月28日 22:34
桜子さま

夢ならば、
思い通りのストーリーで、ハッピーエンドで。
でも、なぜか
夢の中でもちょっぴり悲しいストーリーに
なってしまうのは、もしや、
そんな願望でもあるのでしょうかね。

>夢だから、いいところで終わりたい。
そして、めざめた朝が休日だったら、
どんなにシアワセなことか。
2012年08月29日 01:47
写真ですか?写真ですよね!?
・・・って思っちゃいました。
まるで油絵の様ですちょうどドラクロワかなんかの・・・・。
良く知りもしないのにエラそうだけど、なんだかその名が浮かんだのですよ。
素敵な写真です。

お手紙の封、開けたかったですか?
そこには、なんて書いてあったのでしょう。
嬉しいお手紙?
それとも・・・・・・・・。
とうい
2012年08月29日 18:58
Canさま

ありがとうございます。
ちょうど、分厚い帯のような黒い雲に
夕陽が重なる瞬間でした。
ときに、恐ろしいくらいに幻想的な姿を
見せることがありますよね、自然の空って。
ドラクロワ・・・あ、あ、あの、自由の女神の・・・!?
ぬお。

手紙は、届いたことが、それだけで嬉しかったように思います。
たとえ悲しい内容でも、それを伝えようとしてくれたことが。
だから、開けたかったです。
2012年09月04日 22:24
封開けたかった。
良い言葉が出てきたらラッキーだし、悪い言葉が出てきたら吹っ切れるし!
夢ですけどね 笑
とうい
2012年09月05日 23:23
こすみんさま

ああ、なんだか、こすみんさんらしいって
思いました。
たしかに、封を開けられなかったのが
一番残酷な結果なのかも。
ナマゴロシみたいですものね。

この記事へのトラックバック